マネタイズベストプラクティス: にゃんこ大戦争の広告収入が4倍に

December 15, 2017

PONOS社のにゃんこ大戦争では、2017年11月に4日間のカレンシーセールを実施することで、広告収益を飛躍的に4倍に増加させ、さらには継続的な広告収益のボトムアップに繋げることに成功しました。

image

2017年11月、PONOS社はゲームアプリ「にゃんこ大戦争」において4日間のカレンシーセールを実施し、広告収益が4倍に増加し、セール終了後も89%の収益増加となりました。

カレンシーセールは、通常時より多くのアプリ内仮想通貨が付与される期間限定のプロモーションです。カレンシーセールを実施することで、広告に対するエンゲージメントを促進するだけでなく、広告収益を大きく増加させるということが分かりました。

カレンシーセールが広告収益にどれほどの影響を与えるのかを調査するため、PONOS社はオファーウォールからの1日の平均広告収益をカレンシーセール中とその前週(通常の仮想通貨還元時)とで比較しました。その結果、広告収入がただちに4倍になっただけでなく、セール終了翌週も89%の売り上げが増加(セール前と比較)していたことが分かりました。

image

“仮想通貨の還元レートを一時的に引き上げることが、広告収入を大幅に増加させるだけでなく、セール終了後もアプリの収益化を促進させ、広告へのコンバージョンを継続的に増加させることも分かりました。”とPONOS社のCMO(最高マーケティング責任者)の野澤勇太氏はコメントしています。

Tapjoyのプラットフォームでは、パブリッシャーはカレンシーセールを実施したいタイミングでいつでも簡単に実施することができます。もしくは、Tapjoyが年間を通じ祝祭日に合わせて実施するカレンシーセールに参加することも可能です。直近で開催されるカレンシーセールは、12/22-12/25と12/29-1/1にグローバルで予定されています。参加をご希望されるパブリッシャーは、Tapjoyのアカウントマネージャーへお問い合わせください。

そして、Tapjoyの新しいオファーウォールOfferwall Plusに”永続カレンシーセール”という新機能が追加されました。この新機能では、限られたユーザーのみにターゲティングし、半永久的にカレンシーセールを実施することができるようになりました!これにより、パブリッシャーがユーザーのターゲティングを設定し、ユーザーがその特定の条件を満たす場合にのみ自動的にカレンシーセールを提供することができます。このカレンシーセールは、ロイヤリティユーザーに対するインセンティブ、新規ユーザーに対する広告コンバージョンまでの時間短縮、またはオファーウォールに再度引き戻すための”トリガー”としてお使い頂けます。この新機能についての詳細はこちらをご確認ください。

オファーウォールを用いた収益化については、Tapjoyの最新レポートMaximum Impact Report(英語)をご覧下さい。

Previous Article
Offerwall Plusの新機能: 仮想通貨のカスタム還元レートと永続カレンシーセール
Offerwall Plusの新機能: 仮想通貨のカスタム還元レートと永続カレンシーセール

OfferWallの新機能によって、アプリ開発者側で、より細かくユーザーセグメントなどをカスタマイズすることができるようになり、広告収入を最大化できるようになりました。

Next Article
動画広告とリッチメディアを組み合わせたインタラクティブエンドカードをリリースしました
動画広告とリッチメディアを組み合わせたインタラクティブエンドカードをリリースしました

20世紀FOXは映画 「猿の惑星」のプロモーションで、Tapjoyの新しいプロダクトであるインタラクティブエンドカードを使い、CTR4%と高いパフィーマンスを得ることができました。