Tapjoyの最新調査結果: 広告によるKPIへの影響

May 1, 2018

コンバージョンするリワード広告の数が多いほど、ユーザーの起動回数、リテンション率、そして課金が着実に増えていくという調査結果が、Tajoyの最新のレポートシリーズ ”Maximum Impact Report”で明らかになりました。

image

サンフランシスコ(アメリカ合衆国) — 2018年4月17日 —  広告主やモバイルアプリデベロッパーに広告配信プラットフォーム(Maximum Impact Platform™ )を提供するTapjoyは、4/17に新しい調査結果を発表いたしました。本調査では、アプリユーザーがコンバージョンするリワード広告の数に応じて、起動回数、リテンション率、そしてアプリ内課金が増加することが分かりました。今までの調査が、リワード広告と課金やリテンションなどどいった特定の要素との関係に特化していたのに対し、今回の発表は、リワード広告のコンバージョン数がこれらの要素に与える影響を分析した、初めての内容となっています。

今回発表した”Maximum Impact Report: リワード広告がもたらすユーザーバリューへの影響”の調査で、20もしくはそれ以上の広告をコンバージョンしているユーザーは、コンバージョンした広告が5つ以下のユーザーに比べて、エンゲージメント率は98%、リテンション率だと76%、 さらに驚くべきことにアプリ内課金に関しては705%高いという結果が明らかになりました。

リワード広告は、動画広告の視聴完了や、様々なタイプの広告をコンバージョンする代わりに、アプリ内通貨がもらえたり特別なコンテンツにアクセスできるようになることから、”バリュー・エクスチェンジ広告”と呼ばれることがあります。Tapjoyが上位10位の規模のモバイルアプリを調査した結果、インストール後最初の2週間でユーザーがコンバージョンした広告の数と、その後30日間における起動回数、リテンション率、アプリ内課金それぞれの相関性に、明らかにプラスの影響があることが分かりました。最初に広告をコンバージョンする数が多ければ多いほど、ユーザーは課金をするようになり、アプリへのエンゲージメントが高くなり、結果として30日後にアクティブユーザーとなる傾向にあります。

“以前の調査結果は、広告コンバージョンとセッション、リテンション、課金などの要素との関係についてのものでしたが、今回のレポートは、広告エンゲージメントがどの程度ユーザーの価値に影響をもたらしているのかについて初めて示したものになります。” とDeveloper RelationsのSVPでGMであるBen Chenはさらにこう話しています。”これらの調査結果は、リワード広告がユーザーエクスペリエンスの機会を奪い、アプリのエンゲージメントを妨害し、さらにはアプリ内課金が減ってしまう、という主張を打ち消すものです。それどころか、初期の段階でユーザーと広告とを接触させ、広告をコンバージョンする機会を提供することの大切さを証明する結果となりました。”

ここでは、いくつかの興味深い結果をお伝えします。

広告利用がアプリ内課金へ及ぼす影響

  • 最初の1ヶ月間で視聴した動画リワード広告が5つ以下だったユーザーは、平均でアプリ内課金に43セント($o.43)費やしていたことが分かりました。しかし、視聴した動画リワード広告が6-10だったユーザーグループの課金額は、$1.23と約3倍に跳ね上がる結果となりました。さらに、視聴完了した動画リワード広告が増えるにつれて、それぞれのグループ間で平均142%の課金額の増加が見てとれました。

  • 課金額が最も高かったのは、最初の2週間で20以上の動画リワード広告を視聴したグループで、30日間で平均$3.47をアプリ内課金に費やしていたことが分かりました。これは視聴していた動画リワード広告が5つ以下だったグループに比べると、8倍以上の課金額です。
    以前は、リワード広告がアプリ内課金に及ぼすマイナスの影響について心配する意見が多く聞かれました。”ゲーム内の仮想通貨やアイテムが無料で手に入るなら、ユーザーはわざわざ課金して購入しないだろう”と思うのも当然かもしれません。しかし、 多くの調査結果でそれらはレアケースであることが証明され、実際、マイナスであるどころかリワード広告がアプリ内課金にもたらす影響はプラスのものであることが分かっています。

image

広告利用がアプリ利用(起動セッション)に及ぼす影響

  • アプリ内課金と同様、ユーザーがコンバージョンする広告の数が増えるほど、ユーザーの平均起動回数が多い傾向となりました。コンバージョンした広告が6-10の場合、ユーザーの平均月間起動回数は19回で、5つ以下の広告をコンバージョンしたユーザーの月間平均起動回数は13回と、48%高いという結果でした。

広告利用がユーザーリテンションに及ぼす影響

  • インストールから30日後のアクティブユーザー数を比較したところ、最初の2週間で6−10つの広告をコンバージョンしたユーザーは約半数が残っており、一方、5つ以下だったユーザーでは3分の1だったことが分かりました。また、20以上の広告をコンバージョンしたユーザーの場合は、62%が30日後もアクティブユーザーとして残っていました。

リワード広告を実装することで、アプリ内課金についても収益増加が見込まれることから、ユーザーがアプリをインストールした初期の段階で、リワード広告とユーザーが接する機会を提供することがとても重要となってきます。さまざまなフォーマットのリワード広告を導入すること、カレンシーセールを開催すること、ユーザーにゲーム感覚で広告をコンバージョンさせる設計にすることなど、実現するための方法は無限大に存在します。今回の新しいレポートでは、広告コンバージョンを最大限増やす7つの方法もご紹介しています。


レポート全文はこちらからダウンロードしてください。

Previous Article
Brand Safety Part1:
ブランドセーフティーの観点から見たリワード広告
Brand Safety Part1: ブランドセーフティーの観点から見たリワード広告

先日の海賊版サイトの問題をきっかけとして、Tapjoyへも多くの問い合わせを頂いています。実はアプリ面を広告の配信先とする動画リワードはとてもブランドセーフな環境です。ブランドを守るために何を見たら良いのか?動画リ...

Next Article
Tapjoyがアドネットワークの中でeCPMランキング1位に
Tapjoyがアドネットワークの中でeCPMランキング1位に

TapjoyのeCPMが他のアドネットワークと比べ2倍以上も高いということがTenjinの調査により明らかになりました。